無料ブログはココログ

« 古座川町平井地区1:集落の様子 | トップページ | 奄美1:マングローブ原生林 »

2012年9月14日 (金)

古座川町平井地区2:若宮八幡神社

平井到着の翌日の早朝,散歩に出かけることにした。

地形図で集落の北に神社があるのを確認していたので,訪れてみた。神社までは標高差30mほどの階段を上らないといけないことは地形図からも判別できた。その分,見晴らしもよいであろうという予想もあった。

Wap01_kozagawa_hirai_b1_2012           * 若宮八幡神社に上がる階段(2012年8月)

この階段を上がろうとしたところ,地元の人に声をかけられた。「最近掃除をしていなくて・・・」と申し訳なさそうにお話されていたが,境内がそれほど荒れていることもなく,また蜘蛛の巣に引っかかることもなかった。日常的にお参りされている方がいるのであろう。

Wap01_kozagawa_hirai_b2_2012           * 若宮八幡神社の境内(2012年8月)

階段を上りきったところからは集落を一望できたが,その風景はひとつ前の記事(古座川町平井地区1:集落の様子)に掲げたのでここでは割愛。

さて,境内にあった案内板を見ると,この背後の森は貴重なものらしい。案内板の概要は以下のようなものであった。

*当地方の典型的な照葉樹林であるイチイガシ林として人為的介入が少ないこと
*森林面積が狭いにも拘わらず森林構成樹種が多く,植物群落として貴重なこと
*ハルザキヤツシロランなどの貴重な草木類もみられること

Wap01_kozagawa_hirai_b3_2012           * 若宮八幡神社の社叢についての案内板(2012年8月)

残念ながら,私は植物については詳しくないため,案内板に書かれている植物を見分けることはできないが,下の写真にみるように,木の種類が多く,足元にも色々な植物が育っている印象である。

Wap01_kozagawa_hirai_b4_2012           * 若宮八幡神社の社叢(2012年8月)

靄がかかってみずみずしく白ばんでいるなかに薄く朝日が差し込む風景は,幻想的であるとともに,そこには何かが潜んでいて,人が立ち入るのを拒んでいるかのような雰囲気であった。

さて,神社を取り囲む,もしくは神社の裏手にある鎮守の森は,信仰の対象であることも多く,人の手が入ることが比較的少ないことから,その土地本来の植生が見られるとされている。また,神社の境内では,樹齢数百年,もしくは千年を超えるような巨木を御神木として祀っていることも多い。

まち歩きをしているときなど,遠くにこんもりとした森を見つけたら,そこを目指して歩くことが多い。そこは神社であることが多く,まちや集落を見て歩くときの起点となるからだ。

ただし,神社を見つけてはその由緒書きを見たりまち歩きの起点にしたりすることはあっても,鎮守の森そのものをじっくりと観察したことはない。

植生に関する勉強をして,鎮守の森そのものも楽しむことができるようにしようという目標ができた。が,この目標も,いつ達成されるのかわからない。

« 古座川町平井地区1:集落の様子 | トップページ | 奄美1:マングローブ原生林 »

和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583727/55653858

この記事へのトラックバック一覧です: 古座川町平井地区2:若宮八幡神社:

« 古座川町平井地区1:集落の様子 | トップページ | 奄美1:マングローブ原生林 »