無料ブログはココログ

« 和歌山城からの眺め | トップページ | 竈山神社 »

2012年3月23日 (金)

伊太祁曽神社

和歌山に赴任して最初に迎えたお正月,やはり地元の神社にもお参りをしなければということで,三社参りを行った。今回は伊太祁曽神社。延喜式神名帳では名神大社に列し、紀伊国一宮とされる(Wikiより),由緒ある神社である。

和歌山電鐵貴志川線の伊太祈曽駅で下車して南へ約5分,下の鳥居が迎えてくれる。

Wac03_itakiso1_2012           * 伊太祈曽神社入り口(2012年1月)

この鳥居をくぐって奥に進んでいくと右手にまた鳥居がある。その鳥居をくぐりぬけ,池に架かる太鼓橋を渡ると拝殿がその目の前が下の拝殿となる。

Wac03_itakiso2_2012           * 伊太祈曽神社の拝殿(2012年1月)

この拝殿の中央の階段を上るとその奥に本殿があるのだが,そちらはいい写真が取れなかったので割愛。さて,この伊太祁曽神社には変わったものがいくつかある。

Wac03_itakiso3_2012           * 木俣くぐりの木(2012年1月)

この木の俣をくぐると難を逃れるという。古事記神話に由来するそうだ。私の出身地・鹿児島でも神話の舞台とされる場所が多いのだが,和歌山もそういう場所が多い。この辺りの神話についてもちゃんと勉強したいと思う。

Wac03_itakiso4_2012           * 霊石おさる石(2012年1月)

こちらは猿の顔に見えることから「おさる石」と呼ばれる。首より上の病に霊験著しいとのこと。「賢くなれますように」と触ってきた。頭の悪さは病か?また,前述した「勉強したい」が実現するかどうかも不明。意志の弱さは病か?

触った効果が現れる日が待ち遠しい。

« 和歌山城からの眺め | トップページ | 竈山神社 »

和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583727/54291272

この記事へのトラックバック一覧です: 伊太祁曽神社:

« 和歌山城からの眺め | トップページ | 竈山神社 »